【Z会を退会した理由】タブレットが使いにくい?他社タブレット講座と比較

LINEで送る
Pocket

Z会の教材はとてもいいものだと思っています。

でも今回は退会を選びました。

我が家には二人の子どもがいますが、
一昨年、スマイルゼミからZ会に変更しました。

小学5年生だった長男はZ会のテキスト課題への直筆タイプ。
小学生3年生だった次男はZ会のタブレット式。

1年間使ってみて長男は継続、
次男は退会することにしました。

なぜ二人は別々の通信教育をすることにしたのか・・・?
二つの通信講座を比べてみての感想や、
合うか合わないかを検証してみたので
ぜひ、これから通信教育をどうしようか
迷っている方の参考になればと思います(*’ω’*)

次男のZ会タブレットコースを辞めた理由

もともと、長男次男ともに、スマイルゼミを受講していて、
子どもたちも積極的に取り組んでいてよかったのですが、
長男の受験を視野にいれた勉強を考えた時に、
二人一緒にZ会へ変更しようと思ったのがZ会入会のきっかけでした。

次男はスマイルゼミのタブレット学習を楽しんでいたので、
まだまだ受験を視野に入れていない次男には
これまでとあまり変わりなく取り組めるようにと
Z会のタブレットコースを選択。

タブレットコースは全教科をとってもテキスト教材よりお得なんですよね!

それも決め手の一つでした。

 

ただ・・・・問題は内容でもなく価格でもなく、
タブレットコースのアプリが使いづらいということにあります(-_-)

一応、視覚的にも子供にわかりやすいように作られているのだと思いますが、
スマイルゼミの使い勝手と比べると・・・やはり使いづらい。
自分専用のタブレットでない事も原因だと思いますが、
スマイルゼミの時のようにタブレットに向かうことが少なくなりました。

実際、私もさわってみましたが、お知らせチェックや学習の進み具合なども解りづらいと思いました。

 

長男がZ会を続ける理由

 

Z会のいいところはカリキュラムのレベルを選べるところ。

難関校を受験するのか、
中学受験をするのか、
私立か公立か、

などなど、それぞれの目標によってレベルが選べます。

受験に向けてではなく、基本的な学校の勉強の復習のためであっても、ハイレベルとレギュラーと選択することができます。

Z会というと、他の通信教育と比べてハイレベルな教材というイメージがある方もいるかと思います。

実際に「勉強嫌いな子には親がついていないとできないんでしょ?」なんていうママもいますね。

確かに、教科書通りの内容ではなく発展させている問題も多く、通信教育の中ではレベルは高めかもしれませんが、
基本的なことはわかるようにテキストでは順を追って説明がされていますし、我が家では親がぴったりついて・・・ということはありません。

以前はスマイルゼミの発展コースをしていたのですが、
高学年になったので
受験対策のカリキュラムが豊富で、
しっかり直筆で書いていく教材をと思いZ会にたどり着きました。

毎月楽しく取り組み、自分で課題を完成させ、
私はノータッチです。
返却された課題の結果を見て、もう少し見てあげないとだめだな・・・と思うことは多々あるのですが(-_-;)

こんな風に言うと、ずいぶん積極的に勉強する子だと思うかもしれませんが、決してそういう事ではありません。

飽きっぽいし、面倒くさがりだし、勉強の進め具合にはかなりムラがあります。
ただ、ムラがあっても添削の提出は意識して取り組んでいるようです。

 

 

スマイルゼミのここに注意

 

スマイルゼミは勉強時間に応じてたまったポイントでゲームができ、ゲームをするとポイントが償却されていくという仕組みがあります。ゲームはスマイルゼミ専用タブレットに入っている(または配信される)ゲームです。

このポイントは、ゲーム時間に充てるだけでなくポイントでゲットする壁紙を選択するときにも使えます。この時も選択したらポイントは償却されます。

くまもんとか、かわいい壁紙を集めて喜んでいました(*^^*)

他にも、専用タブレットの中の自分のアバターの洋服やアクセサリーなどもポイントで手に入れることができます♪

そんな思わずたくさん勉強したくなるポイントシステムですが、注意が必要なのはゲームで遊ぶ場合です。

単純なゲームなのですが、ほっこりするような楽しいゲームがたくさんあって、追加される新ゲームもこどもには魅力的・・・。

楽しみがあるのはいいことですが、家庭でもかのゲームをする場合は、ゲーム時間が長くなってしまうかも。

スマイルゼミのゲームも一つのゲーム。特別ではなく、WiiUやDS、PSP等と同じということで、ゲーム時間については話し合っておいたほうが良さそうです(*’ω’*)

何はともあれ、自分でアバターをカスタマイズしたり、(がんばった子はそのアバターで表彰されますよ♪)ほっこり楽しいゲームができたり、
タブレットを手にしたくなるような工夫が満載なのが
スマイルゼミのいいところです。

勉強は楽しいもの、そう思えると学ぶ姿勢も変わりますよね♪

具体的な受験対策はまだ考えていない子、
学ぶ楽しさを知ってほしい、
勉強する習慣を身に着けてほしい・・・

そんなご家庭にはスマイルゼミがおすすめ♪


進研ゼミの「チャレンジタッチ」も使いやすい


あと、スマイルゼミと比較するなら
進研ゼミのタブレット教材、「チャレンジタッチ」もおすすめ。

幼馴染のお友達が続けているのですが、
子どもが使いやすい、わかりやすい、楽しい教材だと感じました。
スマイルゼミは発展コースもあり、
教科書に沿ってはいるものの、
まったくそのままという感じではないですが、
チャレンジタッチは学校の予習復習にぴったり沿った内容なので、
できる!という自信をつけてもらいたいならチャレンジがおすすめですよ♪

そしてタブレットからの声掛けもとってもかわいい♪

チャレンジタッチも遊べるアプリがありますが、
かわいいキャラクターが相性占いをしてくれたり、
家族やお友達と盛り上がるようなアプリが多かったです(*^^*)

迷っている場合は、まずは資料請求して実際にお子さんと内容を比較してみることをおすすめします!

>>進研ゼミ小学生講座チャレンジタッチの詳細はこちら
楽しく勉強に取り組んでもらうために、
子どもの「これがいい!おもしろそう!」という気持ちも重視したいですよね(#^^#)

合う合わない、気に入る気に入らないがあると思うので、
お子様と資料を一緒に見て選ぶことをおすすめします☆

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket