よみうりランドへ行こう!アクセスにもよって違う!?割引チケットは?

LINEで送る
Pocket

2016年2月、よみうりランドの「ジュエルミネーション」へ行ってきました。

色々な行き方と、色々なチケットがあり、条件が合えばかなりお得なチケットも!

我が家からは、京王線でも小田急線でも車でも行けますが、どんな割引チケットがあるかもチェックしたうえでアクセスを考えたほうがよかったなと、後で気付きました。

これから計画する方はぜひ参考にしてみてくださいね♪

【よみうりランドへのアクセス】

電車でも車でも行けるのですが、初めての人にはちょっとわかりづらいかもしれません。

■車でストレートに入園!

車の場合は隣接している駐車場があります。

私たちは土曜日に行ったため混雑していて、目の前にある立体駐車場には停められず、その先にある平置きの駐車場に案内されました。

それでもエントランスから歩いて3分ほど。

そんなに苦痛な距離ではないですね。

夕方、園内の高いところから外を眺めていた際、裏のサッカー場が駐車場として開放され車が次々と入ってきていました。

おそらく、ナイトチケットで入園する人が多いためだと思います。

臨時的な駐車場の近くには、「裏口」という名に相応しい簡易的な入園口がありました。

夕方からの入園も、そんなに面倒ではなさそうですね。

そこでパスは購入できるのか、ちょっと不安げな入園口ではありましたが、どうなんでしょう・・・

料金は一日1500円でした。

■エントランスまでは行けない!?電車でのアクセスは?

電車の場合は、京王線「京王よみうりランド駅」もしくは、小田急線「読売ランド前駅」で下車します。

 

★ゴンドラに乗れる京王線で★

京王線「京王よみうりランド駅」の改札を出て左方向へ進み、階段を上ります。

すると、さらに長い階段と上り坂が立ちはだかります。

山道を登っていけないことはありませんが、ストイックに山登りも楽しみたいわけでなければ是非、乗り物を使いましょう。

さらに階段を上り、ゴンドラ「スカイシャトル」を利用するのがおすすめです。

入園料やチケットと別料金で一人片道300円、往復で500円かかりますが、一つのアトラクションとして価値がある楽しい乗り物だと思います。

ゴンドラが混雑していたり、ゴンドラは高いかな、という時はバスを利用することもできます。

また、ゴンドラは眺めがいいのですが、観覧車が苦手な高所恐怖症の人にとってはギリギリな乗り物なのかな、という印象があります。

不安要素がある人はバスも検討してみましょう。

バス停は改札を出て左手、階段を上った先にあります。

約5分ほどでよみうりランドの入口に到着します。

料金は大人片道210円。小児は110円。

小学校の長期休暇中は小児料金は現金に限り50円です。

ゴンドラとだいぶ差が付きますね。

また、京王線利用の場合は、とってもお得な割引もあります。

(「お得なチケット」参照)

条件に合う人は是非準備しましょう。

 

★小田急線からバス利用★

小田急線「読売ランド前駅」利用の場合は、改札を出て左へ進み、歩道橋を渡ります。

歩道橋を降りた反対側に「京王よみうりランド駅」行きのバス停なので、横断歩道を渡りましょう。

「よみうりランド」で降りれば、エントランスの前に到着です。

運賃は京王線経由と同じく、大人210円、小児110円、長期休暇は小児割引があります。

 

★その他のアクセス方法は?★

春や秋の行楽シーズンの日曜祝日は、新宿駅西口からもバスが出ているようです。

乗り換えの手間もなく、交通費が浮くというメリットはありますが、期間限定のバスなので時刻などはチェックが必要ですね。

口コミを見るとそれほど混んでいないようですが、混んでいた場合、みんなの目的地はほぼよみうりランドと思われるので立ちっぱなしとか・・・?

また、タクシーなんていう手もありますよ。

中学生のお子さんがいるなど、大人料金×4となると、京王線利用の場合、駅前からタクシーがコストパフォーマンスはいいですね。



 

 

【よみうりランド、通常の料金と「ジュエルミネーション」の料金は?】

 

よみうりランドっていくらかかるのでしょう?イルミネーション「ジュエルミネーション」の時期は追加の料金は必要なのでしょうか?

■イルミネーションは入園すれば見れる

まず、よみうりランドのイルミネーションは、遊園地の敷地内で行われるため、入園できれば楽しむことができます。

昼間は開放していない部分もイルミネーションで飾られ開放されますが、それも入園していればいいのです。

つまり、入園料だけでイルミネーションが満喫できちゃうんですね!

乗り物も一緒に楽しみたい!という人は、乗り物チケットを園内で購入するか、ワンデーパスかひよこパスを購入しましょう。

「入園料」は、大人1200円、こども600円、シルバー600円。

乗り物乗り放題の「ワンデーパス」は、大人4000円、こども3000円

主にお子様向けのアトラクションが乗り放題のひよこパスは大人3000円、こども2000円、シルバー3000円です。

※大人=18歳〜59歳、こども=3歳〜高校生、シルバー=60歳以上

■お得なナイトチケット

そして、イルミネーションを主に楽しみたい人には、16時以降入園対象の料金があります。

(どうやら夜桜の季節もナイトチケットがあるみたいです)

対象アトラクション乗り放題の「ナイトパス」、18歳以上1800円、3歳〜高校生1300円。

入園だけの「ナイト入園料」は、大人1000円、中高生500円、シルバー600円、小学生以下無料。

小学生以下無料なんて、お子様連れにはありがたい!

もし、乗り物も乗りたいということになったら、園内で乗り物チケットを買えばOKですね♪

■これはお得!京王線の割引チケット

京王線では、電車の1日乗車券とセットになった割引チケットがあります。

これを知らないで京王線で言ったら、悲しくなっちゃうくらいの割引率です!

なんと、京王線全線一日乗車券付きでワンデーパスが大人3800円!

え?これまでの数百円の割引は何だったの?っていうほどお得です。

中学生、高校生、または17歳以下は3000円、小学生以下は2900円。

京王線からのアクセスに大きなポイントとなるゴンドラですが、このチケットには含まれないので、ゴンドラに乗る場合は乗り口の券売機で購入しましょう。

ナイトパス狙いの人も、何だかんだでこの電車との割引チケットが安くなる、なんてこともあるかもしれませんので、運賃を計算してみてはいかがでしょうか?

 

【ナイトチケットの注意点!】

とってもお得なナイトチケット。

だけど、ただ入場の時間が遅いだけじゃないんです。

観覧車はナイトパスには含まれていないので、観覧車目当てならナイトパスは必要ありません。

ややこしいのですが、ワンデーパスなら夜の観覧車も乗ることができます。

そして、高い柱を急上昇する「クレイジーヒュー」や急降下する「クレイジーストン」というアトラクションは18時までです。

高く上がった時のイルミネーションの景色は最高だと思いますが、18時までとは残念です。

 

また、ワンデーパスよりナイトパスはだいぶお得に感じられますが、イルミネーションの時期は夕方からさらに混むので、昼よりもアトラクションが混みます。

 

待ち時間が長く、乗れるアトラクションも限られてくるので、乗り放題の料金としては妥当なのかなと感じました。

イルミネーションを楽しみつつ、いくつか気兼ねなくアトラクションに乗りたい人はナイトパスがぴったりですが、イルミネーションが目的なら、アトラクションは乗り物チケットを購入するという手もありかなと思います。

ちなみに、私は昼過ぎから気兼ねなくアトラクションに乗りたかったのでワンデーパスです。

 

観覧車はこの時期はとても混むと聞いたので考えておらず、その代わりに900円のバンデットに2回乗ったり、他のアトラクションも乗れたのでワンデーパスで正解でした(*´з`)♪

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket