「あなたのことはそれほど」案外リアルな不倫の結末!?主婦的にはあり?

LINEで送る
Pocket

TBS系ドラマの「あなたのことはそれほど」ですが、
ついに6月20日に最終回を終えましたね。

初めは賛否両論、いや、
キャスティングからストーリーまで、
色々と批判が多かったスタートでした。

※この記事はネタバレは少ないので
これから見る人も内容は「それほど」(笑)
わからないと思いますが、
一部ネタバレもあるのでご注意くださいね!

波留さんは美都が嫌い!?

主役を務めた波留さんは、
最後まで役に共感できなかったようなコメントを残しています。

でも、美都役が波留さんだったことが、
よりリアリティーが増したり
嫌悪感が和らいだりした気もしますね。

清純派の波留さんが、この役を演じるという
キャスティングにも批判が多かったですが・・・

最終的には、
演じきった波留さんに賞賛の声が上がっています!

 

 

原作はいくえみ綾さんの漫画


原作いくえみ綾さんの漫画。

いくえみ綾さんの漫画は、
人間らしい温かみがあって、
繊細でとても好きなので
途中、なんだかなぁ~と思いながらも
期待して観ていました。

 

 

結末の感想・・・

そして迎えた最終回。

色々な感情にそれぞれが終止符を打って、
次の人生を歩んでいく・・・そんな様が、
本当に人間らしく、

また、変化していく部分と変わらない部分、
そんな微妙な余韻も残して、

夫婦のあり方や自分らしさについて考えさせられました(-_-)

 

 

麗華のセリフが突き刺さる

特に私が共感したのは麗華の気持ち。
大好きだった夫が自分を裏切った後、
どうやって気持ちをコントロールしていくのか・・・。

有島君が「土下座でもなんでもする」と言った時の
麗華の「そんなことしたら一生許さない」
というセリフも突き刺さりました。

うまく説明できないけど、
この感情、すごくよくわかる。

どうにか取り戻したいと奮闘する夫を見ても
どう許したらいいのかわからない。
どうしたら楽になれるのかがわからない。
「どうして私はこんな気持ちなのかしらね」
といった麗華に激しく同情してしまいます。

それはそれは、不倫相手が自信たっぷりな感じで
目の前に現れたら、
一生忘れられそうにありませんよね・・・(T_T)

 

夫婦の問題って、
きれいごとばかり言っていると否定される事が多々あります。

間違っていないのに、
なぜか「夫婦ってそうではない」なんて片付けられて、
正論よりも許すことを求めらる。
許せる人がいかに寛大かを語る人も多い。

許せないと固くてまじめで愛情が足りないような目で見られ
結局は追い詰められてしまう。

正しい麗華は、
好き勝手にしてしまった美都より苦しんだと思います。
そして、これからも引きずっていくでしょう。

でも、麗華自身も、これから先
妻として、母として生きていく中で、
変化していくのだと思います。

 

 

感想のまとめ

各々の「それほど」が重なって、
新しいスタートを歩みだしたラストでしたね。

「それほど」な人と結婚して不倫した美都は
自業自得な気もするし、
傷も浅いですよね。

大事にしたい家族があるのに
「それほど」でもな人と不倫をした有島君は
一番大切な人の大きな信頼と愛情を失い、
痛い目にあったように思います。

そして、とにかくとばっちりを受けて
苦しんだのは麗華ではないでしょうか?

亮太は、不倫をされた可哀そうな夫ですが、
自分の愛の形を押し付けすぎていた気もしますし。
義理の母に対して失礼な言動もあったことも気になりました。
妻の気持ちが他に行ってしまうのも
仕方がないようにも感じます。

 

しかし、最後に、
まだ美都が「運命の相手」を探していることに
そーなのねぇ~・・・と思いましたよね。

でも、人間ってそういうものだよね~
有島君もまたやっちゃうのかもね~

懲りない感じが、
そういうものなのかもなって思っちゃいます(-_-)

 

 

「あなそれ」が終わってしまい残念ですが、
いち主婦として、見ごたえありました。

周りのママ友たちも、案外納得していました。

賛否両論ですが、終わり方はドロドロもせず、
それぞれがそれぞれの気持ちと向き合う結末でしたね。

 

また、楽しいドラマが始まるといいな~(*’ω’*)

 

 

LINEで送る
Pocket